「Badaboom Media Converter」を試してみた その2

Badaboom Media Converterの最初の印象は、変換スピードも速いし、画質も問題なさそうで良かったのですが、出来上がった動画を再生していたら、音がずれる問題がでてきました

PSP用480×270ドットの動画変換は、GeForce8800GTとE8400の組み合わせで約160フレーム/秒で変換してくれます
1/5以下の時間で変換できます

これを、WindowsのQuickTimePlayerやGOM Player、PSPでの再生、全てで早送りをしたあとに、動画と音声があわない現象が発生しています
また、VGA解像度の動画でも発生しました

おかげで私の環境ではちょっと使えないかな・・・という印象に変わってしまいました
Ver.UP後に新たな使用期間として使えるなら再度試そうかと

やはり、mpeg4のハードウェアエンコードは、東芝のSpursEngineを載せたボードに期待するしかないのかもしれません
実績から考えると、カノープスの「FIRECODER Blu」が良さそうですが、価格が高そうです

最大の問題は、.mp4ファイルに変換したとして、PCのWindows Media Playerで簡単には再生できないのがつらいです
本当は、WMV9(VC-1)コーデックでwmv形式になれば、PCでの再生に考えなくてすむので良いのですが・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック